イントロダクション

アメリカ先住民たちは、自然が誰にも属していないことを知っていました。それはすべての人々のものなのです。セオドア・ルーズベルト大統領は、人を癒す自然の力を敬愛していました。母と妻を病気で同時に亡くした悲しみから救ってくれたのが自然だったからです。100年前、ルーズベルトが基礎を築き、地球が創った秘蔵の場所は国立公園として保護されることになりました。すべての時代において、またすべての人々のために。世界初の国立公園イエローストーン、ヨセミテ、エバーグレーズ…何百年前から変わらぬ壮大な絶景の数々とオフトレイル感満載の冒険、美しい音楽そして、国立公園制度を生んだ人間の思い…あなたの心を洗い流す旅が待っています。40分間でアメリカ国立公園の絶景をめぐる究極のオフトレイル・アドベンチャー!IMAXスクリーンで地球の鼓動と一体化する新たなるネイチャー体験

  • 100周年記念作品
  • IMAXスクリーン
  • 自然保護
  • 案内人:小澤征悦

アメリカ国立公園制度生誕100周年記念<特別上映作品>

「アメリカが生んだ最高のアイデア」と言われる国立公園制度。
ルーズベルト大統領と「自然保護の父」ジョン・ミューアの出会いから生まれた構想が、今では200以上の国と地域が採用し、人間が自然の贈り物を享受しながら未来へ受け継いでいくための指針となっています。 アメリカ合衆国国立公園制度は2016年に100周年を迎えます。本作はその生誕100周年を記念した<特別上映作品>となります。

IMAXスクリーンで味わう究極のオフトレイル・アドベンチャー

旅のガイドは、世界的に著名な登山家で国立公園大使のコンラッド・アンカー、彼の息子で冒険写真家のマックス・ロウ、画家のレイチェル・ポール。彼らプロの冒険家たちが徒歩で、マウンテン・バイクで原始の自然の道なき道を縦走する究極のオフトレイル・アドベンチャー。世界最高峰の高画質を誇るIMAXカメラで撮影された迫力の映像!大型スクリーンだからこそ普通の旅では絶対に味わえない興奮を体感できます。

自然保護

自然は誰のものでもなく、地球が人類にくれた最大の贈り物。自然の中で人は癒され生きるパワーをもらいます。人にできることは、未来の世代のために自然を守ること。国立公園を知ることは、自然保護の大切さと、それを後世に伝えていけるのは人間だけだということを知ることなのです。この映画は人間と自然の心がつながっていることをあらためて思い出させてくれる重要な作品です。

案内人:小澤征悦 Yukiyoshi Ozawa

1974年6月6日 カリフォルニア州出身
1998年、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」でデビュー。翌年、崔洋一監督作品『豚の報い』で映画初主演を果たし、その後、映画、テレビドラマ、舞台と幅広く活躍し、個性派俳優として高く評価されている。2016年はハリウッド映画『The Forest』の全米公開に続き、瀬々敬久監督の『64−ロクヨン−』、是枝裕和監督の『海よりもまだ深く』の公開が控えている。

Yukiyoshi Ozawa Interview

僕はサンフランシスコで生まれ、ボストンで育ったのですが、子供の頃、ボストンの森の中で小さな小屋を姉と一緒に作って遊んだこともあり、アメリカの自然の豊かさを体感しました。大学時代には車でアメリカ横断の旅をしてグランドキャニオンにも行きました。この映画にも出てきますが、イエローストーンやセコイア国立公園の巨木の森に興味があります。太古からある命という意味で大先輩の木に会ってみたいです。

アメリカ人にとって国立公園とは遊びの場であり、子供の頃から大自然を体で感じられる場所だと思います。人間が生き物として自然の中でどういう位置にいるのかを教えてくれる場所。アメリカは国立公園制度を作って手つかずの自然と生態系を守ってきた。それはものすごく価値のあることです。地球を守るというのは、実は人間を守ること。それを教えてくれるのがこの『アメリカ・ワイルド』のようなネイチャー作品だと思います。

大自然に対する尊敬と畏怖の念を少しでも表現できたらと思ってナレーションをやりました。お子様のいらっしゃる方たちにぜひお子様を連れて観に行ってほしいです。劇場の大型スクリーンで学びじゃなくて体感してほしい。やはりアメリカの自然は規模が違う。この映画でそういう自然を知ることが海外に行こうとするきっかけにもなるかもしれません。子供だけでなく大人にとっても。そういう意味でもこの映画は未来への贈り物。作り物ではない本物の力があります。

小澤征悦さんインタビュー サンフランシスコで生まれ、ボストンで育った小澤征悦さん。アメリカの自然の豊かさを体感した思い出や国立公園について語っています。

アメリカ国立公園の美しすぎる絶景の数々

国立公園体系には408の公園がありますが、人はその生涯にすべてに出会うわけではありません。
この映画は40分間で、観客を地球でもっとも壮大な美の宮殿のいくつかに連れて行ってくれる夢の旅。

コメント

息をのむほど美しい公園の数々!国立公園制度100周年を記念するにふさわしい作品。ロサンゼルス・タイムズ紙 爽快そのもの!この映画がネイチャー・ドキュメンタリーを愛するすべての人を楽しませることは間違いない!ハリウッド・レポーター誌 雲が流れ、風が吹き抜け、太陽の輝きが溢れる…大自然に包みこまれるようなスケール感に私たちの冒険心が躍りだす素晴らしい作品だ。プロスキーヤー・冒険家 三浦雄一郎 こんなところもあるのかとアメリカの自然を再発見。もっと見ていたかった!そして実際に行ってみたい!登山家 田部井淳子 言葉を語らぬ自然。だからこそ自然が人間に何を語っているのかを知るために、人は自然の中へ足を踏み入れる。アメリカの大自然をもっと見てみたい、感じてみたいと思う40分間でした。アドベンチャーレーサー 田中陽希 ジョン・ミューアの崇高な国立公園精神が、こんなに軽やかに表現されるなんて!アメリカっていいな。美しくて、楽しくて、ずっと笑顔をおさえられなかった。俳優 市毛良枝 IMAXシアターが始まった頃からのファンの私は、こんな壮大な映像が見たかった!俳優 石丸謙二郎 壮大な大自然の中で鍛えられる青少年たち。彼等はいつの間にか好奇心や冒険心をつのらせ、より良い社会を創るための頼もしい担い手に成長するに違いない。是非、大自然を体感して欲しい。公益財団法人ボーイスカウト日本連盟 理事長 奥島孝康 カヤックでグランドキャニオンを形成したコロラド川を日本人として初下降しましたが、その感動がよみがえりました。アメリカ国立公園の素晴らしさを是非劇場の大画面で楽しんでください。冒険家・モンベル創業者 辰野勇